悩める薬局長のための薬剤師不足でも業務改善できる クラウド型院内医薬品集を制作するためのブログ

業務改善のカギはDI業務だった!院内医薬品集のクラウド化だった!

ブログ「病院薬剤師って素晴らしい!」を主宰しております、病院薬剤師だまさんです。

このブログではクラウド型院内医薬品集の制作手順を解説していきます。

クラウド型院内医薬品集(※本ブログ内で「ハイパー医薬品集(Hyperformulary)」と命名しました)は2013年以来、日本医薬品情報学会その他の学会で発表され、薬事日報やYahoo!ニュースでも取り上げられた、誰でも簡単に作ることのできるコストパフォーマンスの高い「新時代」の情報ツールです。

クラウド型院内医薬品集を手に入れることで、DI室から離れた場所でも医薬品情報が迅速かつ容易に収集できるようになります。

調剤業務・病棟業務・DI業務が効率化され、薬剤師不足でも業務改善が可能となります。

また、地域連携にも低コストで絶大な威力を発揮します。

なお、病院薬剤師だまさんは「ハイパー医薬品集」普及のため、リタイア後に医薬品集制作業(大学堂)を起業する予定です。

乞うご期待を。

※現在更新を休んでいます。

タイトル

ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰


【大感謝】 開設291日目で1万アクセス突破!

私が「kintoneを選んで良かった~」と思う理由



kintoneの概要や特徴は、このブログでは必要最小限にしか解説しません(※なにぃ?)

製品ホームページをご覧いただいた方がずっとわかりやすいと思いますので(汗)。

その代わり、ここでは「kintoneを選んで良かった~」と思う理由を「ユーザー目線」で述べていきたいと思います。


理由その1 : 料金が安い

まずは何といってもコレですね。

どんなに優れたシステムでも、先立つものがなければ所詮「絵に描いた餅」ですから。

「年額5万~」という破格の価格設定が可能なのもクラウドサービスならでのメリットです。

※少し手間はかかりますが、「30日間無料お試し」を繰り返していけば、費用を一切かけずに「クラウド型」を作ることも可能です(私も最初はそうしていました)。詳しくはまたの機会に。


理由その2 : プログラミング知識が不要

コレも重要ですね、特に私は・・・(苦笑)。

学会に行くと、ファイルメーカーなどを駆使したシステムがドヤ顔(!?)で披露されています。

でも、私にはそんな真似はとてもできない。ましてやプログラミングなんて・・・。

きっと、ソフトが使えるようになる前に薬剤師人生が終わってしまうことでしょう(涙)。

その点、kintoneはマウス操作(ドラッグ&ドロップ)だけでOKなのです。


理由その3 : セキュリティ対策が万全

「クラウド型」にとって、最大の懸念材料は「セキュリティ面」です。

よって、個人情報(例えば患者の症例)を載せたりすることは避けるべきです。

ただ、個人情報の漏洩はないにしても、万一URL/ID/PWが3つとも「悪意の第三者」に漏れてしまった場合、情報の改ざん・消去といった妨害行為を受けないとも限りません。

サイボウズ社では万全のセキュリティ対策を講じているため安心です(詳しくはこちら)。


理由その4 : カスタマイズが自在

わかりやすく言えばこうです。

初級者には初級者なりに、中級者は中級者なりに、上級者は上級者なりに使える。

もしかしたら、それこそがkintoneの最大の魅力なのかもしれません。

最初はおっかなびっくり。

でも、毎日「クラウド型」を使っていれば次第に「欲」が出て来るものです。

  「バックアップ作業って面倒!自動でバックアップできないものかな?」

  「更新作業って面倒!一つずつコピペしなくても一括変換できないかな?」

  「いちいち検索するのって面倒!同種同効薬が自動表示されないかな?」

そういったニーズにも、スキルと費用があれば応えられる、それがkintoneなのです。


理由その5 : ノマドワーキングが可能

最後はコレです。

「クラウド型なんだから当然やろ?」って突っ込まれそうですが、これが凄く大きかった。

このブログの「大前提」を覚えてますか?そう、薬剤師不足なんですっ。

なので、DI担当も日々膨大な業務をこなしているのです。たった一人で(涙)。

「クラウド型」を作ろうにも、そう簡単に作業時間を確保できるものではありません。

kintoneはデバイス(PC・タブレット・スマホ)さえあれば、いつでもどこでも利用できます。

「働き方改革」が叫ばれる昨今。

その作業が自宅など自分の好きな場所でもできるとしたら・・・光が見えて来ませんか?

【コラム】 AIの時代なんて待てない!

前略 悩める薬局長さま

日々ご奮闘中のことと思います。

いつも本ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。


これは私が薬剤師になったばかりの頃の話です。

「鮮度」の高い添付文書情報を得るためにはそれ相応の手間がかかっていました。

薬局の本棚にはアイウエオ順に添付文書が保管されたクリアファイルが並んでいました。

そして「最新版」を入手したら、クリアファイルの中身を手作業で差し替えていました。

そういった地道な作業があって初めて情報の「鮮度」が保たれていたのです。

ただ、現在もこのような方法を採っている施設はごく少数だと思います。

近年、電子カルテや服薬指導支援システム、そしてインターネットの普及により、最新の添付文書情報を入手することは格段に容易になったからです。

しかし、それで薬剤師業務は本当に円滑になったと言えるのでしょうか?


添付文書が重要な情報源であることを否定される先生はまずいないと思います。

けれど、添付文書がもはや万能な情報源でないこともまたご承知の筈です。

医療ニーズは年々多様化・細分化する一方であり、添付文書以外にも情報源を求めなければ薬剤師業務を全うできない、そんな時代が既に訪れているからです。


時代が変わった以上、添付文書に替わる「万能な情報源」の登場が待ち望まれます。

ただ、我々が必要とする情報は、まるでドラゴンボールのように、まるで四魂のかけらのように(笑)、世の中に散らばって存在しています。

ただひたすら待っていれば、代わりに誰かが集めてくれるものでしょうか?

いえ、それは叶わぬ願いです(少なくとも現状では)。

※理由については【私が「クラウド型」を推す理由】 ⑤「唯一無二」だからをご覧ください。

   願いを叶えたいのなら、自ら集めに行くしかありません。

   そのためにクラウド型院内医薬品集を作りましょう。


私はこのブログでそう主張しているのです。


薬剤師がもたもたしているうちに、時代は更に次のステップへと進もうとしています。

   ITの時代からAIの時代へ

AI(人工知能)が進歩すれば、ディープラーニングによりネット上から必要な情報を自動的に収集してくれるようなことも可能になるやもしれません。

そうなれば、薬剤師は医薬品情報の「収集」業務から解放されます。

そうして浮いた時間で「評価」「加工」「提供」業務に注力できるようにもなる訳です。

   でも、もしかして皆さんはそれまで待つつもりですか?


私はそこまでは待てない(薬剤師人生が終わってしまう)ので「クラウド型」を作りました。

実務に関する情報を「収集」するスキルをいくら磨いても、早晩AIに取って替わられる運命。

ならば、「クラウド型」を導入することで効率化を図りつつ、代替の利かないスキルを伸ばす。

そのような考え方もあるのではないでしょうか?


では今回はこの辺で失礼します。

早々


※次回より「第1章 プラットフォーム編」が始まります。

【フォーミュラリーによろしく】 最終話「成就」

≪あらすじ≫
クラウド型医薬品集を活用した地域連携を第4外科教授・堀内に提案する斉藤。実現は到底不可能に思えたが、斉藤の熱意がやがて教授の心を動かし・・・。

フォーミュラリーによろしく11
フォーミュラリーによろしく12



ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

何でも最初は「絵空事」から始まる

【フォーミュラリーによろしく】 第5話「決意」

≪あらすじ≫
解決の糸口が一向に見つからない地域連携。意気消沈する斉藤を元薬局長・高砂が激励する。その時、斉藤の脳裏に浮かんだのは、安富医師の「僕がやらなきゃ誰がやるんですか?」という言葉だった・・・。


フォーミュラリーによろしく9
フォーミュラリーによろしく10


ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

薬局長がやらなきゃ、誰がやる?

【フォーミュラリーによろしく】 第4話「苦悩」

≪あらすじ≫
斉藤の考案したクラウド型医薬品集によりDI業務の利便性は向上した。しかし、それは病院内だけの話。「何も変えられないんだよね・・・」。同僚の看護師・皆川の言葉に斉藤は苦悩する・・・。

フォーミュラリーによろしく7
フォーミュラリーによろしく8


ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

「クラウド型」なら変えられます!

【フォーミュラリーによろしく】 第3話「説得」

≪あらすじ≫
「情報収集が容易になると若手薬剤師が育たなくなる」と反対する先輩薬剤師・宇佐美。しかし、斉藤は決死の覚悟でクラウド型医薬品集の必要性を説くのだった・・・。

フォーミュラリーによろしく5
フォーミュラリーによろしく6


ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

「クラウド型」はリテラシーを向上させます!

【フォーミュラリーによろしく】 第2話「情報の信頼性」

≪あらすじ≫
若手薬剤師の情報リテラシー不足を補うため、クラウド型医薬品集の制作を提案する斉藤。しかし、DI担当薬剤師・庄司はネット上の情報を過信して失敗したばかりの斉藤の主張を認めようとはしなかった・・・。

フォーミュラリーによろしく3
フォーミュラリーによろしく4

ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

「クラウド型」なら信頼できます!

【フォーミュラリーによろしく】 第1話「壁か扉か」

≪あらすじ≫
斉藤は自分たち若手薬剤師の情報リテラシーのなさを嘆き、苦悩していた。その時、同僚の看護師・赤城が斉藤にかけた言葉とは・・・。

フォーミュラーによろしく1
フォーミュラリーによろしく2


ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

その扉、「クラウド型」が開けます!

【ユーザーの声】「どうして今までなかったの?」(病棟担当薬剤師・30歳)



病棟業務に携わるようになって痛感したことがあります。

それは、薬剤師の仕事って、情報がなければ何も始まらないんだってこと。

いわゆる「医政局長通知」業務もそうだし、日々追われている質問への対応だってそう。

いかに医薬品情報を迅速かつ適切に収集・評価・加工・提供できるか。

それこそが私たちの存在意義なんだって思うまでになりました。


・・・でも、でもですよ。

今の病院薬剤師を取り巻く情報インフラって、すっごく偏ってませんか?

これでも私、PMDAナビやマイ医薬品集作成サービスはとっくの昔に登録しています。

けれど、それで入手できるのは安全性情報や回収情報などごく一部の情報だけ。

でも、私たちが実務で必要としている情報はもっと他に沢山あるんです。

安全性情報はネットで入手できるのに、錠剤の粉砕可否や注射剤の配合変化はDI室まで調べに行かなきゃならないって・・・変な話だと思いません?


そんな時です、クラウド型院内医薬品集が導入されたのは。

使ってみて、どうして今までなかったの?って思いましたね。

つくづく薬剤師業界の技術革新って遅れてるんだなって・・・。



今では吸入薬や自己注射の指導用動画も登録してもらって、患者指導にも活用しています。

ね?一気に近代化したって感じでしょ?

あと、「地図帳シリーズ」も「日病薬e-ラーニング確認問題集」も私の発案なんですよ。

なので、「クラウド型」の充実化に一番貢献してるのは私だと思うんです(エヘン!)。

【ユーザーの声】「1分1秒が貴重ですから」(調剤主任薬剤師・37歳)



ひと昔前に比べて、在庫管理の難易度は間違いなく高くなりましたね。

最大の原因は、ここ数年来のジェネリック医薬品の導入です。

一時的にとはいえ、新旧製品が混在する訳ですから、管理品目数は激増しました。

分子標的薬を始めとする高額医薬品や事前発注しないと入手できない品目も増えましたしね。

判断を誤れば、デッドストックを抱えたり患者さんに迷惑を掛ける訳で・・・。

一瞬たりとも気が抜けません(溜息)。


そんな状況なのに、調剤室って、結構問い合わせが多いんです。

「冷所保存なのに、室温で一晩放置してしまいました。使えます?」

「経口から経管に変更なんですが、そのまま簡易懸濁で行けますか?」

これまではDIに訊いてから折り返してたんですが、できればその場で片付けたいですよね。


クラウド型院内医薬品集が導入されてからは、ホント助かってます。

タブレットひとつで、問い合わせに素早く対応できるようになったからです。

何しろ1分1秒が貴重ですから。


「クラウド型」はカスタマイズも簡単なんです。

DI室に頼んで、「採用の経緯」や「卸情報」なんかも追加してもらってます。

購入するか否かを即決できますし、卸がわかれば納品時刻も推測できます。

ツールを使いこなせるかどうかは人次第。

その意味では、調剤室が一番使いこなしてるかもしれませんね(笑)。
ギャラリー
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 3.製剤情報
  • 3.製剤情報
  • 3.製剤情報
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント