医薬品情報サイト(医薬品卸サイト)の利用

医薬品卸大手4社は、下記の医薬品情報サイトを通じて各種一覧表・同効薬情報・新製品情報などを随時提供してくれています。

SAFE-DI(アルフレッサ株式会社)
e-mediceo.com(株式会社メディセオ)
Click-MI2(株式会社スズケン)
ENIF D-pro(東邦ホールディングス株式会社)

会員登録は必要となりますが、これを利用しない手はありません。

具体的には、各コンテンツに登場する薬品の頁にそのリンクを貼っていきます。


リンクの貼り方

一覧表「抗がん剤一覧-注射薬-(2018年4月20日版)」(SAFE-DI)を例に、リンクの貼り方を解説していきましょう。

①「文字列(1行)」 ✖ 「リンク」

文字列(1行) & リンク

最もオーソドックスな貼り方で、下記のような仕上がりとなります。

抗がん剤一覧-注射薬-(2018年4月20日版)
https://www.safe-di.jp/data/gdata/qanda_content/alf_02_0308.pdf

やはりURLが違和感があるでしょうか?

②「リッチエディター」

リッチエディター

リッチエディターでハイパーリンクを用いると、随分とすっきりした仕上がりになります。

抗がん剤一覧-注射薬-(2018年4月20日版)


③「文字列(1行)」 ✖ 「リンク」✖「関連レコード一覧」 ⇐ おすすめ

文字列(1行) & リンク & 関連レコード一覧

ただ、①も捨てたものではありません。

「関連レコード一覧」をプラスすることで、同じ一覧表が貼付された薬品を自動的にリストアップしてくれるのです(採用中の同効薬がすぐ見つかる訳です)。

表示例

【付記】

③の方法は非常に重宝しますが、一つだけ「弱点」があります。

それは一覧表が複数(例えば一覧表1と一覧表2)になった場合、「関連レコード一覧」はどちらか一方の一覧表しか参照してくれないという点です。

よって当院では、一覧表1にはSAFE-DIの一覧表を、一覧表2にはe-mediceo.comの一覧表を貼るルール、更に一覧表3は予備枠とし、その3枠にも収まりきらない場合はリッチエディターに貼付するようにしています。


ID/PWはラベルで備忘録

医薬品情報サイトのリンクを使用する上で注意すべき点があります。

リンクを開く際にID/PWが要求される点です。

※PCまたはkintoneを起動後、リンクを初めて開く際に要求されます。

いざリンクを開こうと思ったらID/PWがわからない、では興醒めですよね?

なので、当院ではID/PWをすぐ参照できるように下記のようなラベルを貼っています。

ID・PW

こんなこともクローズシステムだからこそできる芸当です。