JAPIC(日本医薬情報センター)が提供するサービス。

主な特長
●医薬品集、採用薬一覧をWordで作成
●目次(薬効別)、索引(商品順・一般名順)の自動作成 (適応症などのキーワード指定による逆引き索引)
●最新の添付文書をダウンロード
●院内LAN上での採用薬添付文書情報の閲覧(Webページ)
●Excel、CSVデータへの出力
●同一成分薬の院外薬一覧の作成(同種同効薬(類似薬)表示)
●医薬品集配布後に改訂分、追加分の冊子作成
●YJ、JANコード、GTINコードから採用薬データ作成
●添付文書情報以外の独自情報の追加編集
●後発品(ジェネリック医薬品)の管理
●持参薬から同一成分医薬品の検索 (Webページ)
●簡易医薬品集の作成

(評価)
何といってもJAPIC。情報の「信頼性」は他を寄せ付けない。便利な機能も多い。しかし実用性としてはどうか?パンフレットでも謳っているように、これは病院機能評価をパスすることが主眼のツール。院内医薬品集の「活用」よりも「作成」がゴールとなっていると言わざるを得ない。あと、JAPICのHPで紹介されていないことから、既にサービスが終了されている可能性もある。

実用性の乏しい「作ったら終わり」のサービス