悩める薬局長のための薬剤師不足でも業務改善できる クラウド型院内医薬品集を制作するためのブログ

業務改善のカギはDI業務だった!院内医薬品集のクラウド化だった!

フォーミュラリー

【徹底比較】「ハイパー医薬品集」vs「JUS D.I.」

最大・最強の競合相手である「JUS D.I.」に不敵にも(!?)挑んでみました。

「メンテナンスフリー」を謳っているが・・・

DI業務に必要な情報を毎日更新
回収情報や包装変更情報などのメーカーお知らせ文書を収集
包装情報を収集
剤形写真自動更新オプション
期間を設定した採用薬登録が可能
各種情報の閲覧が簡単
ハイリスク薬チェックが簡単
イエローレター・ブルーレターも確認できる

「JUS D.I.」は医薬品情報の「毎日更新」を実現しています。

メンテナンスフリー」が最大のセールスポイトです。

「月イチ更新」のシステムが大勢を占める中、画期的なことと言えるでしょう。

ただ、それは「クラウド型」ならば造作もないことです。

そう、PMDAや製薬メーカーのホームページとリンクすれば済む話なのです。

「メンテナンスフリー」を言うなら、「ハイパー医薬品集」の方が数段上回っています。

「賃貸プラン」を契約すれば、「JUS D.I.」がカバーしていない下記の汎用情報をも「メンテナンスフリー」にできるからです(コースによりコンテンツは異なります)。

・配合変化情報(注射薬のみ)
・粉砕・脱カプセルの可否(内服薬のみ)
・簡易懸濁法の可否(内服薬のみ)
・透析患者(HD・PD・CRRT)への投与量
・保存期CKD患者への投与量
・肝機能低下患者への投与量
・小児への投与量
・比較一覧表
・等価換算表
・新製品情報
・Formulary倶楽部
・地図帳シリーズ etc


高い買い物にならないか?

検索結果から複数の薬剤を選択し、任意の項目で比較表を作成
選択した項目で並べ替えができる
薬理作用別薬効果分類で臨床現場に則した検索が簡単
複雑な条件設定での検索も簡単
医薬品の相互作用チェックが簡単
電子カルテからの参照も簡単
持参薬管理表/鑑別報告書の作成が簡単
院内医薬品集の作成が簡単

「ハイパー医薬品集」には上記のような情報の検索・加工機能はありません。

しかし、これらの機能は既に電子カルテに搭載されているのではないでしょうか?

「メンテナンスフリー」に目を奪われがちですが、それが「JUS D.I.」でなくても実現できるとしたら、結局は高い買い物になってしまうかもしれません。


「クラウド型」の威力はやはり絶大

「JUS D.I.」は院内LANを通じてiPadから閲覧可能です。

一方、「ハイパー医薬品集」ならば、ネット経由でスマホや自宅のPCからでも閲覧できます。

「JUS D.I.」は注文から稼働までに準備期間(最低2ヶ月間)が必要です(詳しくはこちら)。

しかし、「ハイパー医薬品集」ならば1週間~1ヶ月もあれば納品できます。

サーバーの設置やソフトのインストールも一切不要。

提出していただくデータは、最低限採用薬品のYJコードだけでOKです。

いずれも「クラウド型」だから実現できることです。


あらゆる面で遜色なし
                                  
 

JUS D.I.

ハイパー医薬品集

ハード面(プラットフォーム)

自社開発

kintone(サイボウズ社)

ソフト面(情報ソース)

PMDAのみ

PMDA+製薬会社・卸サイト+書籍

コスト面

1150円/日~

490円/日~


大手でなければ信頼できない?

果たしてそうでしょうか?

「ハイパー医薬品集」はプラットフォームにサイボウズ社のkintoneを採用しています。

拡張性・セキュリティ対策・バックアップ体制、どれ一つ見劣りする点はありません。

コンテンツは「現役の病院薬剤師」が制作しています。

よって、医療従事者限定サイトのリンクも可能です(しかも「メンテナンスフリー」)。

更に「クラウド型」ゆえ初期費用は一切不要、ランニングコストも圧勝です。


大手だからこそ真似ができない!?

「クラウド型」のメリットは理解できても、大手に「ハイパー医薬品集」の真似はできません。

大手が「ハイパー医薬品集」と同等のシステムを作るには制約が多過ぎるからです。

無理に商品化すれば「超」高額商品にならざるを得ず、採算が合わなくなってしまいます。

(参考)
「ハイパー医薬品集」ならば年額約20万円(※ライトコースの場合)から利用可能ですが、「JUS D.I.」だと最低でも126万円の初期費用と年額42万円のランニングコスト(※Entryクラスの場合)が必要となります(既に「超」高額ですね・・・)。


大きく膨らむ可能性

「クラウド型」は薬剤師自らが制作するのがベストです。

制約を何ら受けることなく、クラウド上に安価で高機能な医薬品集を構築できるからです。

しかし、その全てを多忙なDI担当薬剤師に求めるのは非現実的な話。

だからこそ私は「現役薬剤師 兼 医薬品集制作業者」として起業し、「クラウド型」の制作・メンテナンスを代行するというビジネスモデルを描いたのです。

すると、どうでしょう。

「JUS D.I.」では叶わないことも、「クラウド型」を導入すれば次から次へと実現できるではありませんか!
                                         
 

JUS D.I.

ハイパー医薬品集

自施設の業務改善

地域連携を情報面でサポート

×

他施設とのDI共有

×

独立起業へのステップ

×


「クラウド型」だからこそ大きく膨らむ可能性があります。

私の考え方にご共感いただけたならば望外の悦びです。

【競合分析】院内医薬品集制作他2

株式会社デンショクが提供するサービス。

主なサービス
●院内医薬品集制作(書籍版・Web版・iPhone・iPad版)
●薬剤部業務支援シリーズ(DI質疑録・文書管理システム・医薬品情報閲覧システム)

(評価)
院内医薬品集制作代行業の老舗。Web版や病棟業務を想定した新サービスも開始されてはいるが、旧来の発想から脱却できているとは言い難い。このままだと先細りだ。「ハイパー医薬品集」を継承・量産化し得る企業はここだと思っているのだが・・・(ヒントは既にお伝えしてますよ、デンショクさん)。

発想の転換次第で斜陽産業からの脱却も

【競合分析】JUS D.I.(医薬品情報一元管理システム)4

日本ユースウェアシステム株式会社が提供するサービス。

主な機能
■用途や目的に応じた検索
 ●詳細検索
  ・薬理作用別薬効分類 ・長期投与制限日数
  ・先発品・後発品・ハイリスク薬情報
 ●全文検索
 ●INDEX検索(販売名/一般名/薬効分類名)
 ●同効薬検索
 ●医薬品コード検索
 ●メーカーお知らせ文書検索
 ●相互作用検索
■検索条件保存機能
■薬剤比較表示機能
■院内医薬品集の作成
■HISからの添付文書参照機能
■掲示板による院内情報配信
■更新添付文書と更新箇所を抽出して表示
■院内製剤の登録
■検索結果の任意項目をCSV出力
■任意で情報を付加
 ●コメント入力
 ●PDFファイルや独自に作成したファイルなどの添付
 ●HTML、日付データ、数値入力
■薬剤鑑別報告書作成
■持参薬管理表作成(オプション)

(評価)
DI業務を熟知した人が作ったシステムだということが瞬時にわかった。学会(JASDI他)でも紹介されているだけに導入実績も圧倒的だ。難点は莫大な導入&ランニングコスト・提供できる情報の限界・クラウドサービスではない点などだ。

最大かつ最強のライバルだが、ターゲット層は明らかに異なる

【競合分析】薬剤師の業務支援ソフト

薬剤師の業務支援ソフトのバナー:小

勤務薬剤師・坪内渉先生が提供するサービス。

主な製品
●訪問薬剤管理指導(居宅療養管理指導)支援システム
●薬剤情報提供システム
●医薬品集作成システム
●薬歴作成支援システム
●薬局業務支援ソフト
●薬局監査指導事例集
●疾患別指導文書集
●居宅療養管理指導請求システム

(評価)
これらは全て自作されたのだろうか?いやはや圧巻だ。華やかさはないがどれもしっかりと作り込まれている。ホームページの作り方も大いに参考になった。年齢も居住地も割と近いようだし、一度お会いしてみたいものだ。

先駆者から学ぶべき点は多い

【競合分析】日本医薬品集DB1

株式会社じほうが提供するサービス。CD-ROMでの提供。

使用書籍データ
「日本医薬品集 医療薬」「OTC医薬品事典」「日本医薬品集 一般薬」「保険薬事典Plus」「薬効・薬価リスト」「投薬禁忌リスト」「ジェネリック医薬品リスト」「医療用医薬品識別ハンドブック」

(評価)
じほうが発行する医薬品情報関連書籍8冊を収録したDB。膨大な情報量は圧巻だが、決して病院薬剤師業務に特化した内容ではない(むしろ不要な情報が多い)。年4回しか改訂がなく情報の「鮮度」は致命的に低い。なのに高価なCD-ROM(15,000円)を年4回も買い続けてくれるニーズって、本当にあるのだろうか?

ターゲット層不明の電子図書の「寄せ集め」

【競合分析】JAPIC PIA(院内採用医薬品集作成システム)2

JAPIC(日本医薬情報センター)が提供するサービス。

主な特長
●医薬品集、採用薬一覧をWordで作成
●目次(薬効別)、索引(商品順・一般名順)の自動作成 (適応症などのキーワード指定による逆引き索引)
●最新の添付文書をダウンロード
●院内LAN上での採用薬添付文書情報の閲覧(Webページ)
●Excel、CSVデータへの出力
●同一成分薬の院外薬一覧の作成(同種同効薬(類似薬)表示)
●医薬品集配布後に改訂分、追加分の冊子作成
●YJ、JANコード、GTINコードから採用薬データ作成
●添付文書情報以外の独自情報の追加編集
●後発品(ジェネリック医薬品)の管理
●持参薬から同一成分医薬品の検索 (Webページ)
●簡易医薬品集の作成

(評価)
何といってもJAPIC。情報の「信頼性」は他を寄せ付けない。便利な機能も多い。しかし実用性としてはどうか?パンフレットでも謳っているように、これは病院機能評価をパスすることが主眼のツール。院内医薬品集の「活用」よりも「作成」がゴールとなっていると言わざるを得ない。あと、JAPICのHPで紹介されていないことから、既にサービスが終了されている可能性もある。

実用性の乏しい「作ったら終わり」のサービス

【競合分析】マイ医薬品集作成サービス2

PMDA(医薬品医療機器総合機構)が提供するサービス。

PMDAメディナビの追加機能として利用可能(詳しくはこちら)。

主なコンテンツ
・ 緊急安全性情報 ・ 安全性速報 ・ 添付文書の改訂指示通知 ・ 回収情報(クラスI) ・ 医薬品販売名 ・ 一般的名称 ・ 薬効分類 ・ 投与経路 ・ 問い合わせ先 ・ 添付文書情報 ・ 医薬品インタビューフォーム ・ 患者向医薬品ガイド ・ 重篤副作用疾患別対応マニュアル ・ コメント欄

(評価)
PMDAが提供しているサービスだけあって情報の「鮮度」が優れている。無料である点、ネットで閲覧できる点、コメント欄が自身で編集可能である点も魅力。ただ、これを実務で活用するとなるとどうか?恐らくは添付文書やインタビューフォームくらいしか利用しないに違いない(それなら鮮度は落ちるが電子カルテ付属のDI検索の方が便利)。

安全性情報の司令塔たるDI担当以外、利用価値は乏しい

【「クラウド型」を薬局長に推す真意】 ③リタイア後の生業となり得るから

「クラウド型」は現時点では知名度の低さゆえ話題にのぼることすらありませんが、その利用価値が認知されるにつれ需要は増していく筈です。

ただ、大手が「クラウド型」を商品化する可能性は限りなくゼロ(※理由はこちら)ですし、さりとて「クラウド型」を自作できる施設がそうそうあるとも思えません。

となれば、「大学堂」のような「現役薬剤師 兼 医薬品集制作業者」が「受け皿」となり、「クラウド型」の制作を請け負う以外に方法はありません。

このビジネスは「現役薬剤師(医療従事者)」にしか務まらないという点がミソです。

参入障壁が高い ⇒ 同業他社(競合)が少ない ⇒ 起業すれば独壇場に

つまり、知名度次第で「クラウド型」の制作業は一躍有望なビジネスとなり得るのです。


本ブログをご愛読いただいている薬局長の先生。

リタイア後のことはお決まりでしょうか?

恐らくは、体力が続く限り薬剤師の仕事を続けられる方が多いと推察します。

   では、私のように起業するという選択肢は考えられないでしょうか?

   もちろん、薬剤師としての仕事は続けながら、です。


リタイア後は非常勤やパートなどで負荷の少ない仕事を続けつつ、残った時間は自分のペースで医薬品集制作業を営む訳です。

これが私なりに考え抜いた、病院薬剤師のための「働き方改革」です。


全国には8千を超える病院が存在しています(医療施設動態調査;平成29年1月末時点)。

私が立ち上げる個人事業一社だけで「受け皿」になれる訳がありません。

サポートできるのはせいぜい20~30施設程度が精一杯。

それ以上欲張ったところでサービスの質が低下するだけですし、そもそも私は家族を養えるだけの収入が確保できれば「御の字」なのですから。

私の考え方に賛同して下さる方の協力が必要です。

だからこそ私は、「クラウド型」に関心を持って下さった薬局長の皆さんを誘うのです。

皆さんは、薬局長のうちに「クラウド型」の導入に携わっておくことで、リタイア後もその知識と経験を活かしつつ古巣や近隣施設に貢献でき、定期的な収入源をも獲得できるのです。

   「クラウド型」の良さを広め、かつそれが容易に入手できる世の中にしたい。

そのためには薬局長の皆さんのご理解・ご協力が不可欠となるのです。

以上が私が「クラウド型」を薬局長に推す「真意」の三つ目です。


ただ、皆さんが起業するのは、私の「成功」を見届けてからでも遅くありません。

その日が訪れるまで温かく見守っていただければ幸いです。


※次回より「第3章 ビジネスモデル編」が始まります(いよいよ最終章です)。
続きを読む

【「クラウド型」を薬局長に推す真意】 ②突破口となり得るから

このブログにたどり着いた皆さんは、やはり「悩める」薬局長なのでしょうか?

   「薬のことなら(何でもかんでも)薬剤師に訊け、頼め、考えさせよ」

一見もっともらしいこの論理が病院内でまかり通っている背景には、医療ニーズの多様化と人手不足があります。

   「医療安全」の名のもとに押し寄せる様々なニーズ

しかし、それを受け取る側の薬剤師もまた深刻な人手不足に喘いでいるのです。

   私は気付いてしまいました。

   医療ニーズの大半は「情報共有」で乗り切れることに。

そう、ユーザーの声が示すように、「クラウド型」で情報共有を図ることで、薬局長のみならずスタッフ全員の「悩み」が解消できることを知ったのです。

「業務改善のカギはDI業務だった」(薬局長・56歳)

「なるほど、その手があったか!」(DI担当薬剤師・41歳)


「夜勤中はこれだけが頼りです」(新人薬剤師・24歳)


「1分1秒が貴重ですから」(調剤主任薬剤師・37歳)


「どうして今までなかったの?」(病棟担当薬剤師・30歳)



近年、どの学会に参加しても「地域連携」は最重要テーマの一つです。

しかし、この「薬剤師足らず」「時間足らず」の中で薬局長が打てる駒は限られる筈です。

そんな中、「クラウド型」という情報インフラを手に入れることは、病院内外に多大なインパクトを与えるに違いありません。


以上、「クラウド型」は薬局長が苦境を乗り切るための突破口になり得ると考えます。

これが私が「クラウド型」を薬局長に推す「真意」の二つ目です。

【「クラウド型」を薬局長に推す真意】 ①生かすも殺すも薬局長次第だから

私には声を大にして伝えたい、経験者ならではの「教訓」があります。

   ツール(道具)を導入するだけで業務改善はできない。

薬局長である皆さんも、必ず一度や二度は経験済みのことと思います。

   高機能に惹かれ、思い切って導入したツール。

   結局は使いこなせず、期待した程の改善は得られなかった・・・。


当院でも導入当初はそうでした。
✖ ほとんど利用(ログインすら)してくれない。

✖ 利用しない「言い訳」のバリエーションばかりが増えていく。

✖ (自分は結構使うくせに)若手には利用を促さない。

✖ 若手は相変わらず先輩に訊いたりGoogle検索で済ましている。

✖ 新たな情報を入手しても(「馬鹿にされるから」と)コメント記入を嫌がる。

✖ 利用率が伸びないまま毎月課金されていく。

✖ 「使わないのに予算(そしてメンテナンスの労力)が勿体ない」論が優勢となる。

一体何がいけなかったのでしょうか?

   「クラウド型」を導入する目的と方向性(ポリシー)

これらをスタッフ全員で共有できていなかったことにほかなりません。

そして、それを徹底できるのは薬局長しかいないのです。

   「クラウド型」はハイリスク・ハイリターンのツール

   それを生かすも殺すも薬局長次第

そのことを是非とも肝に銘じていただきたかった。

それが私が「クラウド型」を薬局長に推す「真意」の一つ目です。
ギャラリー
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 5.薬効情報
  • 3.製剤情報
  • 3.製剤情報
  • 3.製剤情報
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント